円形脱毛症の治療方法

円形脱毛症の治療法は、現代では治療法が確立されていないです。

脱毛の面積の大きさや、病気が始まってからの期間に応じて異なっています。脱毛面積が25%の軽度の場合は、ステロイド外用や塩化カルフ?ロニウムやミノキシジル等の外用薬やク?リチルリチンやセファランチンや抗アレルギー薬等の内服薬を用いて治療をします。発症してから半年では、局所免疫療法やステロイド局所注射を行います。他には冷却療法や直線偏光近赤外線照射療法 やPUVA療法等の処置療法を行う事もあります。面積が25%以上の広い場合は、ステロイドパルス療法とステロイド内服も外用薬と内服薬と処置療法に加えて行われます。ステロイド局所注射は、免疫機能を抑制して炎症を抑えていきます。効果は高いが、注射なので痛みがあり副作用で注射した部位が陥没する場合があります。局所免疫療法は、特殊な薬品を塗って弱いかぶれを起こしてリンパ球を集めて発毛を促します。即効性がないので、半年から1年以上効果が出るまでにかかります。冷却療法はドライアイスや液体窒素を脱毛部位に当てて、誤作動を起こしているリンパ球の働きを抑えていきます。直線偏光近赤外線照射療法 は脱毛部位に特殊な紫外線を当てて、自律神経を刺激して副交感神経の働きを高めて血行を良くします。

ランブットスカルプケア